家の模型

不動産物件はオンラインで査定してもらう|確かめてみよう

固定資産税と都市計画税

図面と模型

浦和で不動産物件を購入した場合、掛かる費用は購入費だけに限られません。不動産物件は購入した後にも、保有しているだけで税金が掛かります。これから浦和で不動産物件の購入を検討しているという方は、購入後にどのような税金を支払わなければならないのか、あらかじめ確認しておきましょう。
不動産物件に関する税金は、賃貸では発生せず、物件を購入した場合にのみ支払い義務が発生します。支払うべき税金は、固定資産税と都市計画税の2種類です。固定資産税とは、土地や家屋を所有した場合に、市町村が課税する税金のことです。借地権は土地に含まれないため、課税対象外なので注意しましょう。住宅用地や新築住宅を所有した場合には、条件によって税金が一部免除されることもあるので、浦和市に相談してみましょう。
都市計画税とは、特定の区域内に存在する土地や家屋に対して市町村が課税する税金のことで、都市計画事業や土地区画整理事業に関する地域で課税されます。都市計画税もまた、住宅用地の場合は条件によって税金が一部免除される可能性があるので、浦和市に確認してみて下さい。
固定資産税は、土地や家屋の登記ではなく、毎年1月1日時点での土地や物件の所有者に税金の支払い義務が発生します。年の途中で売却したとしても、1月1日時点での保有者が自分であれば、自分に支払い義務が発生することになります。通常は、売買契約の中で、所有期間に応じて引き渡しまでの間、そして引き渡し後の税金は年税収の日割り計算を行って、売り主と買い主がそれぞれ負担します。不安な方は売買契約を結ぶ際に、不動産会社に相談しておきましょう。