家の模型

不動産物件はオンラインで査定してもらう|確かめてみよう

中古マンションの選び方

男の人

杉並区で中古マンションを購入するメリットは、なんといっても新築マンションよりも購入費用が安いという点です。自分なりの理想の居住空間を演出したいという人は、新築マンションよりも中古マンションを安く購入して、浮いた費用をリフォームやリノベーションに回すというのも一つの手です。
杉並区にある中古マンションを購入すれば、必ずしもリフォームやリノベーションが行えるというわけではありません。中には、リフォームが難しい構造の建物や、間取りによってはリフォームした場合、新築マンションよりも費用が高くなることもあります。リフォームやリノベーションを行うことを念頭に置いている方は、あらかじめ杉並区内の間取りプランが変更できる構造の中古マンションに焦点を絞って、物件を探してみましょう。
間取りが変更できる構造とは、一戸がコンクリートの壁で囲まれていて、間仕切り壁が軽量素材でできていることが条件となります。一戸の周辺が強固なコンクリートで作られていれば、一戸内の壁やドアを取り払っても問題ありません。中古マンションの中には、間仕切り壁もコンクリートで作られている場合があります。壁式構造では壁を撤去することができず、間取りは変えることができないので注意しましょう。
床に段差がある場合は、新たな床組みが必要となり、リフォーム費用がかさむことになります。また、カビがひどいマンションは断熱リフォームが必要となるので、余計なリフォーム費用が必要となってしまいます。杉並区で中古マンションを購入する際には、上記の注意点に注目して物件を探しましょう。